データの価値は高まる

ある時代に至るまでは、いわゆる0と1のデータが持つ価値というのは、非常に小さいものでした。それは現代社会における有形の「なにか」に取って代わるものではなく、それはあくまで0と1のデータ、私達の生活にはあまり影響を及ぼさないものでした。しかし、現代はどうでしょうか。

私達は知らないうちに、様々な情報に踊らされ、情報に酔い、情報を受け入れ、情報を求めているのではないでしょうか。誰が発信したかも定かではない1と0のデータが、甚大な影響を人々に与えている、と言えます。それは良い影響もあれば、悪い影響もあるのです。それを間違いなく加速させているのは、ネットワークインフラの発達にほかなりません。時代が進むに連れ、物理的なネットワークの速度も、其の1速度で遅れる情報量も、非常に多くなりました。そして、それを私達が受け取るスピードと、発信するスピード、それも、時代が進むにつれて非常に速くなりました。

その陰には、『Wi-Fi』という規格が発展した、という点があります。特定の団体によって命名された『Wi-Fi』という規格は、年数を少しさかのぼるだけで誰かが名前を聞いたことがある、という程度のものでした。しかし現代は、それを聞いたことが無い、という人の方が少ないと言えるのです。

Published by