Wifiの危険性と影響

とはいっても、そういった情報が持つ影響力というのは、たとえそれが広範囲に及んでいたとしても、それはネットワーク上の、また特定のコミュニティ上の影響で終わることも多いでしょう。人々の意識は、すぐに違う方向へ移行するからです。それらの情報によって自分や誰かが影響を受けたとしても、それがよほど強力な情報でない限り、長期間に亘ることは少ないでしょう。ただし、『私達が確実に失ってはいけない情報』、『伝播されてはいけない情報』があります。それは一体、何でしょうか。

それは、『個人情報』です。最初に考えた『猿』の行為が、もし自分や他の存在を脅かすものであったなら、どうでしょうか。それが爆発的に広まってしまうことによって、自分の命を脅かしてしまうことにならないでしょうか。では、もし私達の持っている『重要な個人情報』…例えば、『口座の暗証番号』、『クレジットカードの(暗証)番号』、またはそれらの『オンラインサービスに関するパスワード』、『顔写真(または他人の写真)』が、無作為に広まってしまうなら、『文字通り様々な危険を招く』ことにはならないでしょうか。そう考えると、セキュリティの甘い公衆(フリー)無線LAN(Wi-Fi)の使い方等に関して、充分注意しなければならない、ということを再認識します。

Published by