Wi-Fiの正しい選び方について

無線でインターネットをするのが当たり前の時代となっています。ノートパソコンにも有線LANケーブルを接続できないものも増えており、これからも無線LANによるインターネット接続は当たり前の時代となるでしょう。Wi-Fiというのは、この無線LANによるネット接続のシステムのことです。かつては無線LANと呼ばれていたのが、今ではWi-Fiという呼称の方が定着しているのです。いろいろなところにWi-Fiの電波があり、そちらと接続することによって、インターネットができるのです。

Wi-Fiの環境はルーターを用いることによって構築することができます。すでに家庭内でインターネット回線と契約しているならば、有線LANをWi-Fiルーターに接続することによって、Wi-Fiの電波を飛ばせるようになります。これでWi-Fiによるネット接続が実現するのです。ただし、Wi-Fiを導入するためのルーターにはたくさんの種類が存在します。いろいろなメーカーから出されているのです。その中からどれを選べば良いのか、そのためのポイントをまとめました。

通信規格

無線LANまずWi-Fiには通信規格というものがあります。これは周波数帯や転送速度が異なっているのです。たとえば周波数には5GHzと2.4GHzというものがあります。これから無線LANを使いたいならば、自分の使っている端末とルーターの規格が適合している必要があります。ただし、ルーターについては以前の企画との互換性があるため、基本的には最新の規格のものを買っておけば良いでしょう。

Wi-Fiの規格としては、11acが最新のものとなっています。こちらは電波干渉がしにくくなっており、転送速度も速くなっています。そのため、ストレスなくインターネットに接続することができるでしょう。送受信できるデータの量が多くて、複数の端末で同時にネットにつないでも問題ないのです。

自動接続機能

無線LANの接続については、さまざまな設定をしなければいけないと不安になっている方がいるかもしれません。しかし、最新の機種だと基本的に設定は自動的にしてくれるものが多いのです。自動接続機能というものが搭載されているルーターが多いため、専門的な知識がなくても安心して利用することができるでしょう。ただし、場合によっては対応していないケースもあります。自動接続機能について注目してみましょう。

たとえばスマホの自動接続機能があったとしても、対応している機種が限られているというケースがあります。あらゆる機器で対応しているものならば、便利に利用できます。

セキュリティ規格

無線LANというのは電波を飛ばしてそれを受信することによってインターネットに接続できるようになります。したがって、セキュリティ的に危険性があることはしっかりと認識しておきましょう。たとえば通信内容を盗み見られてしまう可能性があるのです。第三者が無断で利用してしまう可能性もあるでしょう。このような不安が常につきまとうことを知っておきましょう。

Wi-Fiのルーターにはセキュリティを高めるためのさまざまな機能が搭載されています。たとえばWPAやWEPというものがあります。まずWEPが登場して、こちらを改善させたものとしてWPAが登場しました。さらにWPAももっと強化したものとしてWPA2というものも生まれました。ただし、古いOSやアダプタを利用しているならば、WPA2を利用できないこともあります。

最大通信速度

Wi-Fiルーターでは通信速度に注目しましょう。最大通信速度が表示されています。ただし、これはあくまでも理論値であり、絶対にその速度が出るというわけではありません。理想的な環境下であればそのくらいの速度を出せるはずという意味です。そのため、実際には理論値の半分以下になるケースがほとんどです。このことを念頭において最大通信速度に注目するべきでしょう。

もしいくつかのルーターで迷ったならば、最大通信速度が速くなっているものを選ぶと良いでしょう。そうすれば、速度についてより満足できる結果が得られるはずです。ルーターごとに速度がかなり変わってくるケースも珍しくないのです。

利用する間取り

そのルーターをどこで利用するのかという点もきちんと考えておきましょう。電波の強度が強いほど安定して遠くまで電波を飛ばすことができます。もし広い家に住んでいて遠くの部屋にまで電波を飛ばしたいならば、それが可能となるぐらいの電波の強さが要求されるのです。このようなニーズを踏まえてメーカーの方ではどのくらいの間取りで使えるのか目安が表示されていることが多いです。これによって、家のどのあたりまで届くのかチェックできます。

たとえば2階建て向けのルーターや3LDK向けのルーターといったように宣伝されています。基本的には11acに対応しているものであれば、家の中のどこでも自由にWi-Fiを利用することができるでしょう。しっかりと電波が届くからです。少人数のファミリーや一人暮らしで部屋もそれほど広くないのであれば、最低限のものでも十分でしょう。基本的に高機能なものほど価格も高くなってしまいます。また、Wi-Fiというのはスマホやパソコンだけではなくてゲーム機やオーディオなどでも利用することができます。さまざまな機器に対応しているため、そのことも考慮に入れてルーターを選びましょう。

まとめ

Wi-Fiルーターが気になっている方は多いでしょう。Wi-Fiルーターを導入することによって、さまざまなメリットが生まれるのです。単にネットに接続できるというだけではなくて、たとえばリビングで録画をしたTV番組をWi-Fiによってどこでも視聴することができたり、パソコンで何か印刷したいものがあるならばそれをWi-Fiでデータを飛ばしてプリンタで印刷することもできるのです。

Wi-Fiルーターを選ぶ際には通信速度やセキュリティ、自動接続機能、規格などをチェックしてみると良いでしょう。さまざまな要素をチェックしてみることによって、より良いルーターを選ぶことができるのです。それぞれが利用する環境のことを考えてみましょう。環境によって重視するべき機能は異なるのです。いろいろなメーカーがさまざまなニーズに対応したルーターを展開しています。そのため、どのような環境で利用している方であっても、自分に合ったものを選ぶことができるでしょう。ルーターを用いてネット環境はさらに便利になるでしょう。